09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Quiet Day

「BANANA FISH」二次元妄想小説サイト。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

プレゼント 

まぶしい。
目を閉じていても、光がまぶたを通して突き刺すようだ。

午後1時半。
アッシュは薄目をあけてデジタル時計の時刻を読み取り、
ふいにその日付に思い当たった。

8月12日。
オレの誕生日か。
彼が18歳になってから、もう半日以上が過ぎていた。

部屋に帰ってきたのは、すでにNYの朝のラッシュも終わる時刻だった。
どうせ夕方にはまた出るから起きていようと思ってたのに、
窓辺でつい横になってしまったようだ。
アッシュは夢うつつに、じりじりと照りつける夏の陽射しを意識した。

18歳になったからといって、どうということはない。
誕生日を祝うなんて習慣は、とっくに失われて久しかった。
彼はあらゆる意味で、ふつうの少年とは違う人生を歩んでいるのだ。
グリフィンが戦場へと去ったときから。

アッシュは久しぶりに、あの優しかった兄を心に思い描いた。
何もかもが狂いだす前のほんのわずかな年月、
グリフは自分の世界の中心だったのだ。
その後、正気を失ってさえも、
兄は光ある世界との繋ぎ目で、錨だった。

眠りと目覚めのあいだの世界をぼんやりただよっていると、
廊下から軽い足音が近づいてきた。
パタンとドアが開けられる。

「アッシュ、食事の用意が…」
呼びかけた英二の声が、ふいに途切れる。

自分の顔をのぞきこむ気配がした。
やがて彼は窓に歩み寄り、
音を立てないように静かにカーテンをひいた。
顔に差し込んでいた陽射しがさえぎられ、
浮かんだ汗が少しずつひいていく。

彼は戻ってくるとそっと手をのばし、
アッシュの湿った前髪をやさしくかき上げた。
あらわになった額に、すう、と風が気持ちよくあたる。

英二がささやいた。
「おやすみ、アッシュ」

そのまま彼は足音を忍ばせて、静かに部屋を出て行った。
その気配を背中で感じながら、アッシュはじっと動かずにいた。

『おやすみ、アスラン』

それは、遠い日の優しい儀式。

どこでも眠ってしまう小さな子どもに、
兄は笑いながらそうささやいて、
身をかがめ額にキスした。
きっと世界中で行われているはずの、ありふれた儀式。
それにどれほど焦がれていたか、今まで気づきもしなかった。

カーテンを通して差し込む夏の光は、おだやかで優しい。
外の騒音が遮断された部屋の中は、とても静かだ。
かすかに、英二が立ち動く物音が聞こえてくる。
アッシュは体の力を抜き、薄く目をあけた。

自分にとって英二は、いつかは返す贈り物だった。
それでいい。
悔いはない。
これほど戦い、これほど失ったあとに、
これほどの愛情を手にしたのだから。

アッシュは無意識に微笑んでいた。
それは、誕生日の少年にとてもふさわしい笑顔だった。

END


こんなんで申し訳ないけど、誕生日おめでとうアッシュ!!
いままでも、これからも、ずっときみを愛してるよ。

Posted on 2011/08/12 Fri. 22:35 [edit]

category: BANANA FISH(創作)

thread: 二次創作小説(版権もの  -  janre: アニメ・コミック

TB: --    CM: 6

12

コメント

Happy Birthday, Ash! 

やさしくて、きれいなお話ですね。
アッシュのためにカーテンを引いて、髪をかきあげてあげる英二の優しさに、アッシュはどれだけ癒されたことでしょう。

アッシュが、誕生日に微笑んでくれてよかったです。英二が彼のそばにいてくれて、よかったです。
そして、東雲さんがアッシュの誕生日にこのお話を書いてくれて、私はとても幸せです。

URL | yukino #- | 2011/08/12 23:57 | edit

心穏やかなバースデイを…… 

何気ない日常の中だからこそ、より際立って感じる、優しいひとときですね。
これぞバナナ魚。そして、これぞ東雲さんワールド!
心にすんなりと入ってきて、胸が温かくなりました。
ささやかなアッシュの幸せが、どうか少しでも長く続きますように、と、願わずにはいられないお話でした。
お誕生日おめでとう、アッシュ。( 2日も遅れましたが ; )
素敵なお話をありがとうございます、東雲さん!

URL | 芙月 #YVWDSDMY | 2011/08/14 23:04 | edit

先輩おふたりへ… 

すみません、ちょこっと旅行に出ていてレスが遅れてしまいました(*_ _)

>yukinoさん
いつもご感想いただきありがとうございます!
せっかくのバースデーSSだというのに、相変わらず薄暗いうえに超短編で、
アッシュにもご訪問くださるかたにも後ろめたいことこのうえなしですわ…
yukinoさんは内容も更新頻度も充実した運営を3年も続けられていて、
ほんとに大ソンケーです!
このブログもそろそろ一年、yukinoさんの足元にも及ばないにせよ
もうちょっと質・量とも充実させたい今日この頃でございます(´д`)


>芙月さん
ああ、芙月さんもなんとおやさしい…
何気ない日常というより、何もない日常としかいいようがない話でした^^;
そんな苦しまぎれなSSでもあたたかな感想をいただけて、
ほんとに恵まれたブログ人生を歩んでるな~と実感する今日この頃です。
それもこれも、原作のもつ力ですよねー!
何年たってもその魅力は衰えるどころか、むしろ新たなファンを生み出してるという
まさにおそるべきバナナ魚パワー!!
かくいう私もBANANA界ではまだまだ駆け出しの身ですので、
今後もご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします~

URL | 東雲(シノノメ) #- | 2011/08/15 22:04 | edit

一番のプレゼント 

原作ではあまりお目にかかれませんでしたが、
何気ない普通の日々がある尊さを、
アッシュは知っていたと私は思っています。

そして、東雲さんもそれを知っているのですね^^
アッシュの本当に望む物を捧げた、とても温かいお話、
私も胸が温かく、ちょっと切なくなりました。
素敵な感動をありがとうございました!

URL | きいろ #tNbAf7jk | 2011/08/17 23:26 | edit

Re: 一番のプレゼント 

たしかに、原作は日常シーンのみならず
アッシュと英二のツーショットすらお宝映像並みに少なかったですよねぇ…
そのため、読み手の自分としては、
とにかく二人が仲良くきゃっきゃしている話が大好きです!!(きっぱり)

でも自分が書くとなると、気の利いた会話も劇的なドラマも思いつかず、
なんか地味くさい今回のような話に落ち着いてしまいがちで^^;
そんな話でもこんなにあたたかな感想をいただけて、とっても嬉しいです!

もうちょっとドラマしてみたい心意気だけはありますので、
いつかこのブログでA×英がへなちょこアクションでもかましていたら、
『ああ、これが精いっぱいなのね…』と半笑いで読んでやってくださいね。
ご感想ありがとうございました!

URL | 東雲(シノノメ) #- | 2011/08/18 23:37 | edit

初めまして。 

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
私も何度目かのBANANA熱を呈して、こちらに辿り着きました。どのお話を取っても感動で泣きっぱなし、改めて彼らの幸せを願わずにはいられませんでした。
お忙しい日常もあるかと思いますが、一ファンとして楽しみにしていますので、頑張ってくださいね。

URL | aia #- | 2012/02/26 15:53 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。